【不定愁訴って聞いたことありますか?】

最近はこの不定愁訴の患者さんが多いんです。

では不定愁訴とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。

自律神経失調症と診断されることも多い。症状が安定しないため治療も難しく、抗不安剤の投与などさまざまな療法、カウンセリングが行われている。

なお、この状態の時に心療内科でカウンセリングを受けてストレス因子が見つかった場合は適応障害と同様の治療を受けることになる(「適応障害の可能性あり」とされ病名がつかない場合はある)。

先進国であっても、ビタミン欠乏症やその他の必須栄養素の栄養失調を原因とする不定愁訴も、体力の無い子供、高齢者に見られる。

Wikipediaから抜粋。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうなんです、要するにこれとハッキリしないけど、何だが身体の調子が悪い。

そんな感じです。

僕はこの不定愁訴を、骨格や筋肉のバランスから診て、整えていきます。

考え方はさまざまです。

お医者さんなら投薬、中医学なら漢方薬、リンパケアならリンパドレナージュ、鍼灸なら鍼治療、もちろん心理的なアプローチもあります。

どれが正解か?なんてありません。要はその患者さんに合うかどうか。それだけです。

この不定愁訴で、今どこかに治療でかかられている人もいるかと思います。

一ヶ所でも治療でなかなか結果に恵まれていないなら、他のアプローチを試してみてもいいのでは?

実際に僕のところにもそんな患者さんは多いですが、お互いにディスカッションしながら、結果が出にくいようであれば、他の治療をオススメすることもあります。

一度そこに通院したら、ある一定期間はその治療を継続した方がいいとは思いますが、それでも結果が出ないなら、治療の方法を変えてみるのも手です。

ドクターショッピング自体はオススメできるものではありませんが、結果が出ていない時は、それもアリだと僕は考えています。

少しでも早く良くなる方向性が見つかることを信じて。